So-net無料ブログ作成
検索選択

北朝鮮の平和協定案に慎重 岡田外相(産経新聞)

 【ホノルル=加納宏幸】岡田克也外相は12日午前(日本時間13日未明)、ハワイホテルで記者会見し、北朝鮮が外務省声明で朝鮮戦争休戦協定を平和協定に転換するための会談を提案していることに関し、「平和協定の交渉を6カ国協議と違う場でするとすれば、遅延工作の口実にされかねない。気をつけなければいけない」と語り、北朝鮮の意図を慎重に見極める必要があるとの認識を示した。

 岡田氏は日米外相会談でも同様の考えをクリントン米国務長官に伝え、認識を共有した。これに関連し、クリントン長官は外相会談で日本人拉致問題に触れ、「昨年2月の訪日のときに被害者家族と会ったが、非常に心を痛めている。許し難いことだ」と述べた。

【関連記事】
普天間移設でクリントン長官が日米合意の履行要求 ハワイで外相会談 
「日米同盟は特定の問題よりずっと大きい」クリントン米国務長官
岡田外相が米戦没者に献花
岡田外相がハワイ到着 米太平洋軍司令部を視察
岡田外相がハワイに出発 日米外相会談で同盟深化など協議へ

v6dpoif7のブログ
最近のタクシー運転手事情
悩むシステムエンジニアのぶろぐ
よつばのクローバー
かずおのブログ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。